吟剣詩舞道祭り(2019年5月1日~5日)

こんばんは、東京支部の入倉昭鳳です。

一昨日には新元号も発表となり、また新年度の4月として、新たな一年の幕開けとなりました。街には桜も咲き誇るなか、まだまだ肌寒さも残るこの時期、皆様お身体にはくれぐれもお気をつけくださいね。

私もここから一年、健やかなる身体を資本に、素敵な舞台を皆様にお届けしていけたらと思っております。

さて、今回のブログは、きたる五月一日、新元号施行のまさにその日より開催される

『吟剣詩舞道祭り』

についての告知です!
昨年の11月には日本吟剣詩舞振興会の50周年を記念して、日本武道館にて盛大に大会が催されました。

様々な流派から集められた、剣詩舞の若手精鋭部隊『剣詩舞スーパーチーム』も年を重ねるごとに腕に磨きをかけ、鈴華ゆう子さんをはじめとする『華風月EX』とのコラボや、同じく若手で結成された『吟詠スーパーチーム』とのコラボで観客を魅了しました。

また、日本壮心流では「月に照らされ、風に揺れる華」の演奏に乗せて宗家一家の演舞や、剣舞「江戸開城に懐う」鈴華ゆう子さんの吟詠で披露致しました。
(吟詠ST × 剣詩舞ST)
(華風月EX × 壮心流 宗家一家


↓第50回全国吟)剣詩舞道大会の模様をもっとしりたい方はコチラ!

さて、そんな活躍の場を広げている吟詠・剣詩舞スーパーチームが次にお届けする舞台こそ、今回ご紹介する『吟剣詩舞道祭り』なのです。

2019年5月1日から5日までの五日間、毎日違う演目をお届けするという豪華な公演です!

一ヶ月後にはもう本番のため、まさに今、それぞれがバタバタと稽古をしているところでありましょう。かくいう私も、稽古をしなければと焦っておりますが...。笑
今回は、久々に兄・入倉昭皇と二人での演舞もありまして、個人的にもとても楽しみな舞台です。

演歌歌手で吟詠家の石原詢子さんのステージや、スーパーチームによる構成番組未来を担う幼少年による構成番組など、素敵な企画が目白押しです!
(林英哲 風雲の会 × 剣詩舞ST)

東京都内、泉岳寺駅から徒歩3分の笹川記念会館が開場ですので、近郊の方は是非お立ち寄りください!
もっと詳しく知りたい方は、下記の画像、または剣詩舞STのTwitter(@ginkensuperteam)を参照してみてください。
それでは、本日はこの辺りで。
またお会い致しましょう( ´∀`)/~~

日本壮心流 東京支部長
入倉 昭鳳

日本壮心流 剣詩舞道

剣詩舞道 日本壮心流の公式ホームページです。豊橋市に本部を構え、愛知・静岡・岐阜・福岡・東京にて“剣舞”“詩舞”の稽古を行っています。和楽器バンド大新年会にも剣舞隊として三年連続でコラボ出演しました。

0コメント

  • 1000 / 1000