近況報告(前編)

 皆様お久しぶりです!本部副舘長、並びに東京支部にて指導者を務める入倉昭鳳です。


第一回目のブログを投稿したのが5月頭。次の投稿をするまでに約2か月も経ってしまいまして、誠に申し訳ありません。 投稿をお待たせしてしまったことをお詫びしつつ…気を取り直して、今回はその間のニュースをご紹介していきます!


 さて、まずは5月5日こどもの日に、『全国名流吟剣詩舞道大会』が愛知県にて盛大に執り行われました!


 この名流大会は、都道府県を回りながら毎年同日に開催されているのですが、今年は愛知県での開催のため、当流の宗家・入倉昭山が事務局長を務めておりました


 また、今年のこども番組では、宗家自らが書き下ろし、2年前の壮心流110周年記念大会でも扱った『信長とゴクウ』という脚本を上演。こどもたちの元気な演舞に、会場は大盛況を収めました!

こども企画番組『信長とゴクウ』より、出演者と演出・入倉昭山宗家

祝賀会にて、胴上げされる事務局長・入倉昭山宗家


 それが終わりバタバタとしているうちに、5月20日には『(財)日本吟剣詩舞振興会主催 剣詩舞コンクール 愛知県予選』が開催されました。


↓公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会のホームページはこちら!↓

 愛知県では、毎年予選からハードな戦いが繰り広げられると言われるなかで、わが壮心流からは今年も大勢の剣詩舞道家がエントリーいたしました。今回も例によってレベルの高い演舞が続く中…


 本部副舘長 入倉昭皇が剣舞 青年の部にて優勝 という好成績を残しました!


 『日本刀を詠ず』で堂々たる演武を披露した副舘長・入倉昭皇は、来たる中部地区大会(7月15日)に向けて更に磨きをかけていくことでしょう!!


 また、壮心流では今年地区大会への出場権を獲得した方も多数おり、こうした日々の稽古の成果を発揮できる機会があることを、本当に喜ばしく思います。かくいう私、入倉昭鳳も詩舞青年の部にて準優勝を頂き、嬉しさと悔しさを胸に次の中部地区へ臨みます!

 中部地区大会もまた、熾烈を極める大接戦が予想されますので、是非お近くの方は足を運んでみては⁉


【(財)全国剣詩舞コンクール 中部地区大会】

日時:平成30年7月15日(日)
   9時開場・9時半開会
場所:岡崎市せきれいホール
   岡崎市朝日町三丁目36-5

   *入場無料*


 さてさて最後は、いよいよ始まった『日本壮心流 創流百十二年 全国剣詩舞道大会』の稽古にご注目!

 毎年恒例のこの夏の大イベントですが、今年の構成演舞のタイトルは…

『時空臣 田網寧達 ~源氏再興阻止、義経暗殺計画~』


…なんとも不穏な空気を醸し出しておりますが、今年はどんな舞台になるのやら!?進展はまたブログにアップしていきます。是非是非チェックしてみてくださいね!

Wゴクウによる芝居シーン

 左から副舘長・入倉昭鳳、宗家・入倉昭山、副舘長・入倉昭皇



【創流百十二年 日本壮心流 全国剣詩舞道大会】

日時:平成30年8月5日(日)
   9時20分開場・10時開演
場所:アイプラザ豊橋 大ホール 

構成演舞『時空臣 田網寧達 ~源氏再興阻止、義経抹殺計画~』

時間:15~16時20分予定

 《入場無料》


 今回は5月のトピックをまるっとお伝えしました!

次回は6月のまとめから、和楽器サミットの話題まで!?お楽しみに!!


日本壮心流 東京支部長
入倉 昭鳳

日本壮心流 剣詩舞道

剣詩舞道 日本壮心流の公式ホームページです。豊橋市に本部を構え、愛知・静岡・岐阜・福岡・東京にて“剣舞”“詩舞”の稽古を行っています。和楽器バンド大新年会にも剣舞隊として三年連続でコラボ出演しました。

0コメント

  • 1000 / 1000