IBS吟詠コンクール in 茨城(東京支部)

みなさんこんばんは、東京支部長の入倉昭鳳です。

今日は、私にとって重要な舞台のある日でした。
それは...

タイトルの通り、

IBS吟詠コンクール in 茨城

という、茨城放送主催の吟詠コンクールでの演舞でした!


実は私 入倉昭鳳は、先々週(3月16日/17日)は静岡の『七間町ハプニング』に、

先週(3月24日)は愛知県岡崎にて『南心昭武舘 十三周年大会』にも出演していたのですが、

なぜ今日のこの舞台がより重要かと言うと...

現在 東京支部で教えているお弟子さん七名の、群舞の初舞台となったからです!


先月の壮心流のコンクールでは、東京支部から二名が個人演舞で出場し、見事に賞を頂いたのですが、群舞では個人の舞とはまた違う難しさがあります。

周りのメンバーとの間を合わせたり、移動の動線を確保したり。
それぞれの進む角度が少しずれていただけでも、綺麗なフォーメーションがすぐに崩れてしまいます。

そしてなんと、今回は構成企画の大トリ『大楠公』を、歴代優勝者の先生方の生吟でお届けするという大役
初舞台にしてはなんとも大変な役回りで、緊張したことでしょう...

(本番前に入念な打合せをする出演者達)
(本番直前、気合い入れの円陣)

そんな中でも、彼らは見事な演舞を披露、その力強い刀捌きや整然と揃ったパフォーマンスに、客席は息を飲んで見守り...
最後の決めのポーズでは、大きな拍手が巻き起こりました!

終演後、沢山の先生方からも好評の声を頂き、指導者として、また剣詩舞道を志す仲間の一人として、とても誇らしく思います。

技術や経験はまだまだ、これから長い道のりを歩むことになる彼らですが、その舞台へのひたむきな姿勢を見るに、未来は明るいかもしれません。笑

これからも舞台を楽しく、共に頑張っていきたいと思います。


本日の舞台は、東京支部のメンバーにとっても、私にとっても貴重な経験となり、本当に実りある良い一日でした。
ご協力賜りました諸先生方、関係各位の皆様、本当にありがとうございました!


今回は写真多めでお届けしてみました!
それではまた、お会いしましょう( ´∀`)/~~


東京支部 支部長
入倉昭鳳

日本壮心流 剣詩舞道

愛知県豊橋市を拠点に、剣詩舞の活動をしている日本壮心流ホームページです。 今年で創流112年を向かえ、昨年から和楽器バンドとコラボレーションも行っています。   「剣詩舞って何?」「面白そうだけど敷居が高そう…。」「どこで習えるのかわからない…。」 などの声に応え、剣詩舞の知識や道場の紹介、公演の情報などを随時更新! また、東京都内にも稽古場が出来ました! 見学・体験もお気軽にお越しください!

0コメント

  • 1000 / 1000